2011/08/11


昨シーズンは2回しかスキーへ行けなかった。今シーズンはブーツを新調してもっと滑りたい。

2010/11/06

ロンドン観光


地下鉄Piccadilly LineでCovent Gardenへ移動し、交通博物館を見学しました。お土産コーナーが充実していて、楽しいグッズが豊富です。
続いてミュージカルのライオンキングを観賞しました。初めて本格的なミュージカルを観て感動しました。息子も十分に楽しんだようです。
ミュージカル終了後にシアターの隣のパブの2階のレストランで夕食にしました。その後、タワーブリッジ、ロンドンアイを回って慌ただしいロンドン観光を終えました。

2010/10/30

Kings Cross Station


 Holborn駅から地下鉄Picadilly Lineに乗車して、ハリーポッター好きの息子のためにKings Cross Stationの9と3/4番線を見物しに行きました。同駅は写真の通り大工事中です。ロンドンは3回目ですが、いつもどこかで工事しているイメージがあります。
駅の構内はヨーロッパの駅らしい構造ですが、工事中のせいもあって薄暗くて、ほこりっぽかった。
9と3/4番線は、特に案内板があるわけでもなく、発見が難しい場所にあるので、作品中で入口を見つけるのに苦労したハリーの気分を追体験しながら、がんばって探してみたら楽しいと思います。
我々は駅員さんに尋ねて、やっと見つけました。

大英博物館

土曜日にロンドンに入り、翌日に湖水地方へ移動した方が効率はいいのですが、レンタカーを借りるランカスターのAVISが日曜定休の為、日曜日はロンドンを観光することにしました。
ロンドン観光と言えば大英博物館。宿から少し歩いて12〜13年ぶりに大英博物館へ行きました。グレート・コートは実に気持ちのいい空間でした。
少しのつもりがやっぱり見学に相応に時間がかかりました。

見学後、地下鉄に乗車する為にHolborn駅へ歩きました。

ロンドンの地下鉄はSuica、Pasmoと同様のOysterというICカードで乗車できます。異なるのはOysterでないと料金が倍以上割高になるという点で、よってOysterを使わないという手はありません。
ところがOysterの入手が曲者でした。自動発券機でカードを出すのですがコインしか使えない。3人分のデポジットと初期チャージ分の合計を全部コインで支払うには手持ちの小銭では足りない。周囲に両替機はなく、日曜日で窓口は全部閉鎖。
仕方なく、駅前の店で水を買い、紙幣で払って小銭をたくさんもらいました。店員には嫌な顔をされました。東京にいると小銭がなくて困る経験が全くないので油断しました。

2010/09/19

MARLBOROUGH ARMS

ヒースロー空港には定刻より15分程度遅れて到着しました。


初日のB&B ARRAN HOUSE HOTELに送迎タクシーをお願いしておいたので、空港からロンドン市内の宿まではミニバンでスムーズに移動できて楽でした。但し、疲れもあって息子が珍しく車に酔いシートを汚してしまったのが申し訳なかった。チップを倍にしました。

同宿では4人部屋を使いましたが、部屋についているバスルームは小さすぎて使いにくかったので、共用のバスルームを使いました。

共用のバスルームは広くて明るくて快適でした。






息子を着替えさせたり、荷物を解いたりしてからホテルの近所のパブMARLBOROUGH ARMSで夕食をとりました。

もちろん大きなフィッシュアンドチップスを頂きました。

同店は普通の気楽なパブで、ダイニングテーブル席もあり子連れOKです。



2010/09/13

Virgin Atlantic

飛行機はVirgin Atlanticにしました。帰りの便が午後の早い時間の出発で最終日を観光に使えないという欠点はありますが、直行便で最も安価だったので選びました。エコノミーで追加料金5,000円(英国発£30)払うと少し座席の間隔が広い席が用意されるサービスがあり、往復とも利用しましたが、膝の前にゆとりができて快適でした。

新型スカイライナー

新型スカイライナーに乗りました。乗車時間の短縮ぶりに感動しました。しかし、一つ残念なのは発車間隔が30分程度あり、待ち時間が長いこと。Heathrow Express並みに15分間隔ならば、一層便利かと思いました。
日暮里駅